済州島周辺の主な島々への行き方

済州島(チェジュド)周辺には大小の島々が60余りもあります。その中でも牛島、馬羅島、加波島、飛揚島、遮帰島、楸子島がメインとなる島々です。船で30分もあれば行けるため、日帰り旅行でも十分楽しめます。各島ごとに船の発着港、運航時間など行き方を詳しくチェックしてみて!
知っておくと便利!
気象によって運航時間や運航可否が決まるので、行く前に必ず問い合わせること!
準備すべきもの
切符を購入するには身分証明書と乗船申告書を持参しなければなりません。乗船申告書は待合室で作成し、一行がいる場合は申告書1枚でOK。牛島に行く場合は、帰りの分も含めて事前に2枚作成するのを忘れずに。
牛島
牛島(ウド)行きの船は城山浦港総合旅客ターミナルと終達港から乗ることができます。城山浦港総合旅客ターミナルからは牛島天津港と下牛木洞港へ、終達港からは下牛木洞港への船を運航しています。電気自動車やスクーターを予約する際には、受け取り場所を間違えないよう要注意。運航時間は季節ごとに変わるので、旅行前に必ず時刻表をチェックして。
知っておくと便利!
‣ 終達港は城山浦港総合旅客ターミナルほど船便は多くありませんが、駐車場が無料です。 ‣ 牛島から城山浦港総合旅客ターミナルに戻る際には、天津港と下牛木洞港のどちらも利用できます。
牛島内のレンタカー運行制限政策により、レンタカーの搬入が禁止されています。運行制限除外対象は以下の通り。 ・ 牛島で1泊以上する場合(宿からの宿泊確認メールにて認証) ・ 満6歳未満の子ども連れの車両(乗船申告書に記した生年月日で認証) ・ 妊婦あるいは65歳以上で公共交通機関の利用が困難な方
  • 城山浦港 総合旅客ターミナル
    城山浦港 総合旅客ターミナル
    観光名所 · チェジュ(城山/牛島)
  • 終達港
    終達港
    観光名所 · チェジュ(城山/牛島)
馬羅島
馬羅島(マラド)行きの船はウンジン港と松岳山(ソンアクサン)港から乗ることができます。2ヵ所は運営する会社が異なるので、インターネットで予約する際にウンジン港なのか松岳山港なのかよく確認する必要があります。料金は同じなので、旅行日程に合った時間や宿から近い方を選ぶのがおすすめ。ウンジン港からの船の方が所要時間は短いですが、1日に5便しか運航していません。レンタカーで旅行する場合は、どちらの港も駐車場が無料なので、気軽に利用できます。
知っておくと便利!
‣ 出発時間によって帰りの船の時間が決まっています。別途問い合わせなければ、帰りのチケットは1時間40分後のチケットで自動的に発券されます。もっと遅い便を利用したいなら、チケット発券の際に問い合わせて。 ‣ 休暇シーズンは窓口での予約が難しい場合もあります。アプリ「行ってみたい島」またはウンジン港ホームページでチケットを事前に予約するのがおすすめ。
加波島
加波島(カパド)に行くならウンジン港からの船を利用すればOK!加波島も出発時間に合わせて帰りの船が決まっています。滞在可能時間は約2時間。午後4時に出発する船は帰りの船がありません。宿泊予定がなければ、それ以前の船を利用する必要があります。加波島には車を持ち込めないので、レンタカーで旅行する場合は港の無料駐車場を利用して。
知っておくと便利!
‣ 加波島青麦祭り期間(毎年3月~5月)には船を増便し毎時30分に出発します。 ‣ 休暇シーズンには窓口での予約が難しい場合もあります。アプリ「行ってみたい島」またはウンジン港ホームページでチケットを事前に予約するのがおすすめ!
お役立ち情報
・ 料金:大人 14,100ウォン、中・高校生 13,900ウォン、小学生 7,100ウォン(往復、海上公園入場料込み) ・ 運航時間:9:00~15:50(約1時間おき) ・ 所要時間:10分
  • ウンジン港
    ウンジン港
    観光名所 · チェジュ(中文)
飛揚島
飛揚島(ビヤンド)に行くなら翰林(ハンリム)港からの船を利用すればOK!飛揚島号と千年号が運航中です。料金は同じですが、飛揚島号は2020年から運航を開始し、施設も良くて大きいのが特徴。2つの船は運営する会社とチケット売り場が異なるので、チケットを買う時によく確認する必要があります。飛揚島は島が小さく、一周するのに1時間ほどしかかかりません。レンタカーで旅行する場合は港の無料駐車場を利用して。
知っておくと便利!
済州島には飛揚島が2つあります。済州道の西側に位置する翰林飛揚島と牛島の横にある小さな牛島飛揚島です。名前が似ているので間違えないように注意!ちなみに牛島飛揚島は牛島と橋でつながっているので、歩いて行き来できます。
お役立ち情報(飛揚島号)
・ 料金:大人 9,000ウォン、子ども(満2~11歳)5,000ウォン ・ 所要時間:15分
済州島→飛揚島
飛揚島→済州島
09:20
09:35
11:20
11:35
13:20
13:35
*15:20
15:35
*済州島から15:20 出発便は往復出来ないので注意すること。
  • 翰林港
    翰林港
    観光名所 · チェジュ(涯月/翰林)
遮帰島
学術的・観賞的価値が認められ、天然記念物に指定された遮帰島(チャギド)。済州島西側の翰京(ハンギョン)面に遮帰島行きの船着き場があります。レンタカーを利用する場合、船着き場の無料駐車場にしばらく止めておくのがおすすめ。遊覧船に乗ると10分ほどで遮帰島に到着します。トゥルレキルを回りながら1時間ほど島を探索できます。帰りの遊覧船はワ島や屏風岩など周辺の名所を10分ほど遊覧した後、済州に戻ります。運航時間が一定ではないので、事前に必ず電話で問い合わせてみて。
知っておくと便利!
遮帰島は済州島の最西端に位置する島で日没の名所。日没時間に合わせて遊覧船を利用するのもおすすめ!
お役立ち情報
・ 料金:大人 18,000ウォン、子ども 13,000ウォン ・ 運航時間:9:00~17:00 ・ 所要時間:10分
  • 遮帰島
    遮帰島
    観光名所 · チェジュ
楸子島
楸子島(チュジャド)に行くなら済州港国際旅客ターミナルからの船を利用すればOK!クイーンスター2号とサンタモニカの2つの船があり、運航は1日に1便のみ。2つの船は出発時間や料金が全然違うので、よく確認する必要があります。午前中に楸子島に行きたいならクイーンスター2号を、午後または車を持ち込みたいならサンタモニカを利用して。
レビュー
写真/動画
韓国人のレビュー
韓国人のレビューは自動翻訳で表示されます。