釜山の魅力的な海水浴場7選

保存 1
出典 shutterstock.com
出典 shutterstock.com
釜山(プサン)旅行に欠かせないのが海、ビーチ!どこも似たり寄ったりでは?と思われるかもしれませんが、それぞれに異なる魅力がいっぱい。夜景が見どころ、子ども連れにオススメ、サーフィンができるなど、目的別におすすめのビーチ7つをご紹介。
釜山海水浴場の海開き情報(2023年)
・海水浴場開設期間:7月1日~8月31日 ・海雲台(ヘウンデ)、松亭(ソンジョン)海水浴場は6月2日から一部区域の海開きを開始
釜山の主な海水浴場🏖
釜山のランドマーク
海雲台海水浴場
名実ともに釜山を代表する海水浴場。夏になれば数千万もの人々が押しかける人気スポット。長さ1.5キロメートルの広い砂浜と各種施設、浅い水深など、海水浴場に必要な条件がすべて揃っています。砂浜祭り、海祭りなど大小のイベントが常時開催されているほか、周辺にはThe bay 101、海雲台屋台村、海雲台市場など見どころもたくさん。
夜までずっと賑やかな
広安里海水浴場
広安里(クァンアンリ)海水浴場の特徴は目的別にテーマを選べること。のんびりするなら、海風を感じられる散策路とオーシャンビューのカフェが並ぶ通りに。ビーチすぐ横の民楽刺身タウンでお持ち帰りすれば、ビーチでお刺身グルメを楽しめます。夜更かし派は広安大橋のきらめく夜景と通りのあちこちで行われる路上ライブを楽しむのも良いでしょう。
韓国3大サーフィンの聖地
松亭海水浴場
済州島の中文(チュンムン)、江原道の襄陽(ヤンヤン)と並び韓国の3大サーフィンの聖地が釜山の松亭。冬は東海、夏は南海によい波が立つとされていますが、ここは地理的に両者がぶつかり合うために季節を問わず、よい波が来るといわれています。また波の高さに対して水深が浅く、サーフィン初心者にうってつけ。韓国内のサーファーが次第に集まるようになり、ビーチ周辺にはサーフショップをはじめ、食堂やカフェも充実しています。
潮干狩りが楽しめる
多大浦海水浴場
釜山で唯一干潟が現れる多大浦(タデポ)海水浴場。引き潮になれば干潟がその広い姿を現します。生態体験学習場の案内所では、潮干狩りに必要なバケツやスコップを無料で貸し出してくれるので手ぶらでもOK。干潟の中で貝やカニを採ったりできるので、子ども達が遊ぶのにおすすめ。
空から眺める
松島海水浴場
1913年に開設された韓国初、海水浴場第1号がここ。100年過ぎても人気は衰えず、最近は松島(ソンド)スカイウォークと松島海上ケーブルカーが人気。松島スカイウォークは海の上に設置されていて、海に入らなくても松島の海を近くに感じられます。また床が透明になっていてスリル満点。海の上を横切る松島海上ケーブルカーもおすすめ。窓の外には松島海水浴場と釜山港の景色が広がります。
子どもと一緒に楽しめる
日光海水浴場
日光(イルグァン)海水浴場は他のビーチに比べて水深が浅く、波も小さいので子ども連れにおすすめ。ビーチの両端にはテント無料設置区域があるためファミリー客に人気。最近はジェットスキー、フライフィッシュ、ディスコボートチューブなどのマリンレジャーが体験できるようになり、若い人達が数多く訪れています。
車中泊の人気スポット
林浪海水浴場
釜山の機張(キジャン)エリアにある林浪(イムラン)ビーチ。規模が小さく知名度が低いので、静かに過ごしたい人におすすめ。最近は車で寝泊りしながら旅をする車中泊が人気ですが、このビーチは眺めのよさ、隣接する無料駐車場、トイレの近さなどで車中泊スポットとして注目度が急上昇。
釜山のおすすめビーチをチェック
レビュー
写真/動画
韓国人のレビュー
韓国人のレビューは自動翻訳で表示されます。