出典 firefly.adobe.com
出典 firefly.adobe.com

今年の花見は韓国で! ソウルの桜の名所カフェ

ソウルの桜は日本より少し遅れて咲き、4月初旬から中旬に満開を迎えます。時間がなくて日本でのお花見が難しい方や、もっと長くお花見を楽しみたい方はこの記事をお見逃しなく。 今回紹介するのは、花見が出来る「桜映え」スポットのカフェ。トレンディな韓国のカフェ文化を体験しながら、短い春を満喫しましょう。
ヨンナム洞最高の桜カフェ
1️⃣ マポ(麻浦)「延南洞ポッコッチッ」
韓国の20〜30代世代が好んで訪れる延南洞のカフェ。住宅を改装して作られた為、友達の家に遊びに来たかのような居心地の良さです。ヴィンテージ家具や小物が多く、見ているだけでも楽しい気持ちに。 ベーカリー&デザートメニューも豊富です。桜のシーズンには多くの人が訪れ、待ち時間が長くなることもあります。待ち時間を短縮したい場合は、開店時間に合わせて訪れるがおすすめです。
🌸 写真撮影専用席があるので便利
飲み物を注文して好きな席に荷物を置いたら、階段を上って2階のテラスへ。桜の木のすぐ下のフォトゾーンがあり、写真を撮ることができます。人が多いので、3~5分以内で撮影するのがマナー。カフェ内の桜の花びらで作られたフォトスポットや、店先の店名が書かれた壁も人気のスポットです。
☕ドリンクにも桜が咲き乱れる
コーヒー、ミルクティー、シャンパン、エイドなど、桜をテーマにしたドリンクを販売中。中でも一番人気は「ポッコッチックリームラテ」。フラットホワイトの上に甘い生クリームと桜の飾りを乗せた、とっても可愛いと評判のお店の看板メニューです。
  • 延南洞ポッコッチッ
    延南洞ポッコッチッ
    飲食店 · ソウル(弘大(ホンデ))
桜プリンのある
2️⃣ マポ(麻浦)「MOKHWACI LOUNGE」
民家を改装した二階建てのカフェ。ウッド調の家具を配置し、ヴィンテージな雰囲気が魅力的です。午後12時から4時までのピーク時以外は静かで、席と席の間が広いのでゆったり過ごせるのも魅力。 天気が良ければ、屋外席に座るのもおすすめです。 カフェの近くには桜の木が多く、そよ風から春を感じることができます。お店の名前の「MOKHWACI」とは「ワタの種」ということ。ふわっとした店内と似合う名前ですね。
🌸 感性あふれるの桜フォトスポット
フォトスポットは2階奥の窓際。大きな窓の向こうには、満開の桜並木が影を作ってくれます。窓際のテーブルには、桜の枝を挿した花瓶が置かれており、春らしい雰囲気に。この席はフォトゾーン専用席として指定されており、着席は出来ず、写真撮影のみ可能です。写真を撮る前に、まずは他の席に荷物と飲み物を置いておきましょう。
🍮 写真映えする桜プリン
桜の季節限定で「桜プリン」を販売しています。ふんわりとしたミルクプリンに、ピンク色の生クリームと桜の花が添えられています。バニラビーンズがちりばめられたカスタードプリンと、韓国の伝統的な飲み物であるミスカルもまろやかで甘く、いつも人気です。
  • MOKHWACI LOUNGE
    MOKHWACI LOUNGE
    飲食店 · ソウル(弘大(ホンデ))
桜と一緒にブランチ
3️⃣ マポ(麻浦)「ディアモーメント」
SNSで人気のブランチカフェ。真っ白な壁にある大きな窓からは、まるで絵画のような桜の風景を見ることができます。窓の外の景色に合うようにと、店内も白を基調とした家具やヴィンテージ調の小物で統一されています。コーヒーやブランチはもちろん、パスタ、ワインなども販売しているので、ディナーにもおすすめです。
🌸桜のブランチは要予約
窓際の3席は、桜のシーズン中は予約制となっています。予約は前日の夜8時からインスタグラムのDMで受け付け、先着順です。予約の際は、人数分の食事の注文と時間指定が必要。窓際の席でなければ、ウォークインでの来店も可能で、ドリンクのみの注文も出来ますが、待ち時間が少し長い方。
🍳 軽めのおやつからしっかりした食事まで
やわらかいブリオッシュ食パンと野菜、ベーコン、卵などが盛り付けられた「ブランチプレート」が代表的なメニュー。軽めのメニューならサンドイッチやサラダ、グリークヨーグルトがおすすめ。デザートでは、旬のフルーツを使った甘いケーキが人気です。
  • ディアーモーメント
    ディアーモーメント
    飲食店 · ソウル(弘大)
おしゃれな新進気鋭のカフェ
4️⃣ マポ(麻浦)「ODT」
2022年7月にオープンした新しいカフェ。合井(ハプチョン)駅から徒歩5分とアクセスも抜群。正面の窓から差し込む日差しのおかげで、明るい雰囲気のお店です。いたるところにオブジェや小物が多く、販売しているグッズの種類も豊富です。Tシャツ、携帯ケース、カップ、ケーキ型のキャンドルなど、お好みのものを選んでみてください。
🌸 窓際に座って桜をバックに
窓が大きいのでどこからでも桜がよく見えますが、写真を撮るなら奥のソファ席がおすすめです。窓枠には、カフェの名前であるODTのレタリングオブジェが置かれているので、インスタ映えすること間違いなし。窓際のソファに座ったり、窓枠に寄りかかったり、様々なポーズで写真を撮ってみるのはいかが。
🍑 桜をモチーフにしたドリンクも登場
桜のシーズンの前後である3~4月は、春季限定メニューが登場します。ベストセラーは、食用桜を漬け込んだ桜のシロップとピーチティーを組み合わせた「ピーチブロッサム」。濃いピンクの桜の木の飾りが乗ったミルクティーも人気です。
  • odt
    odt
    飲食店 · ソウル(弘大(ホンデ))
SNSで話題の桜カフェ
5️⃣ マポ(麻浦)「Grey Lab」
韓国人にも、外国人にも人気のカフェ。桜のシーズンには大勢の人で賑わい、開店前からの行列&ウェイティングは必須です。モダンで落ち着いた雰囲気の店内と、背の高い桜の木がある華やかな庭が印象的なコントラストを描きます。風が吹くと桜の花びらが舞い散り、写真や動画を撮る人も多く見られます。桜の季節には店長がSNSで、お店の開花状況をお知らせしてくれます。
🌸 週末のみオープンするフォトスポット
Grey Labを有名にした桜のフォトスポットは、建物の2階。桜の花びらが雨のように降ってくる木の下で、綺麗な写真を撮ることができます。ただし、2階は満開前後の週末のみ開放され、平日は2階に上がることはできないので注意。中庭の席も桜を見るには申し分ありませんが、良い席を確保する為には早朝に訪れることをおすすめします。
🍎 りんごスライスを重ねたアップルティー
おすすめは看板メニューのアップルティー。薄くスライスしたリンゴを何層にも重ね、その上にミニリンゴを乗せた可愛らしいドリンクです。 ホットと、アイスのほか、スパークリングエイドとしても注文できます。
  • Grey Lab
    Grey Lab
    飲食店 · ソウル(Hongik Univ.)
桜と一緒にティータイム
6️⃣ 冠岳(クァナク)「クラフトティー」
ソウル大学の近くにあるイングリッシュスコーン&紅茶専門店。コーヒーは販売しておらず、紅茶とティーフードがメイン。ティーカップをはじめとするテーブルウェアも販売中。営業日が土曜日と日曜日に限られているので、訪れる際は注意してください。着席した席は移動できないので、桜の見える窓際の席を選んで座るのがおすすめです。
🌸今年の春まで!桜アフタヌーンティー
見た目も味も大満足と評判のアフタヌーンティー&クリームティーのセット。満開の桜が見える窓際のバー席に座って、甘いスイーツと濃厚な紅茶で過ごす週末はロマンチックですよね。桜の季節のアフタヌーンティーとクリームティーセットは100%予約制となっています。予約方法やスケジュールは今後、SNSでお知らせする予定です。クラフトティーは今年の桜のシーズンを最後に無期限に営業を休止するので、ぜひ今回の韓国旅行で訪れてみてください。
🍵 紅茶とスコーンの組み合わせはいつも大正解
お店の自家製ブレンドのミルクティーは、甘さ控えめで好き嫌いが分かれる味。なので、好みに合わせて濃さや甘さを調整して飲みたい場合は、「英国式ミルクティー」を注文すればOK。ティーフードの中で最も人気があるのは、やはりスコーン。プレーンもクルミのスコーンもバター風味が濃厚で、自家製ジャム&クロテッドクリームとの相性は抜群です。
  • Craftea
    Craftea
    飲食店 · ソウル
Nソウルタワーが見える
7️⃣梨泰院 「Proof in the Coffee」
南山、梨泰院に近い解放村(へバンチョン)にあるカフェ。一面を占める長くて高い窓に桜と解放村の風景が映えるので、ソウルの絶景を楽しめる名店として知られています。木々の間からランドマークのNソウルタワーが見えるのがポイント。入口は2階で、1階にカウンターとテラスがあり、3階に座席とテーブルがあるという少しユニークな構造も魅力的です。
🌸 階ごとに異なる桜の景色
1階のテラス席が写真を撮るには一番良いですが、席数が少なく満席の可能性が高いです。テラス席が空いていない場合は、3階に上がってみましょう。桜の木の後ろに、ソウルの風景が広がります。赤い色の屋根、解放村の住宅街、教会の建物などが調和したエキゾチックな景色が続きます。窓際にはソファ席もあり、ゆっくりくつろぐのにも最適です。
🥞 丸いパンケーキと玉子パン
ここのシグネチャーデザートはパンケーキ。丸くてかわいいだけでなく、食べやすさも抜群。「桜パンケーキ」は、ホワイト&ピンクのチョコレートが乗っていて、さらに可愛らしいビジュアル。韓国屋台の定番メニューのケランパン(卵パン)をモチーフにした「ウズラの卵パン」もおすすめです。
  • PROOF IN THE COFFEE
    PROOF IN THE COFFEE
    飲食店 · ソウル(梨泰院)
ロッテワールドビューの桜スポット
8️⃣ 松坡(ソンパ)「文化実験空間 HOSU」
韓国で最も人気のある桜の名所、ロッテワールドと石村湖に隣接する複合文化空間。1階はカフェ、2階はメディアルームとラウンジ、3階はクッキングスタジオがあります。様々な展示、ワンデークラスを開催しているので、桜を眺めながら習い事を楽しむのも良し。3階のクッキングスタジオの場合は、「ソウル市公共予約システム」の事前予約制なので注意。
🌸 桜を見たいなら2階へ
2階のラウンジがここのハイライト。窓の向こうには美しい湖と桜が広がります。ラウンジの隣の多目的室は、クラスが行われていないときは自由に出入り可能で、椅子とテーブルが置かれているので、ゆっくりくつろぎながら桜を鑑賞するのに最高です。テラスに出ると、ロッテワールドの城とジャイロドロップ、桜が見える、「ザ・韓国」な記念写真が撮れます。
  • Hosume Cafe
    Hosume Cafe
    飲食店 · ソウル(江南)
ヨーロッパ風のインテリアが印象的
9️⃣ 江南の「Keepers Market メボン店」
激混みや待ち時間が気になるならここがおすすめ。美味しいデザートが並ぶベーカリーカフェで、繁華街から少し離れており、ゆったりとした時間が過ごせます。ソウルの人気桜スポットである良才川(ヤンジェチョン)に近いので、良才川を散歩した後に立ち寄るにも最適な場所。江南にはドゴック店とメボン店の2店舗がありますが、桜が見られるのはメボン店。両店舗の位置が近いので、間違えないように注意しましょう。
🌸 桜鑑賞最前列のテラス&野外でお花見
お花見には1階の野外席と2階のテラス席がおすすめ。店内にも大きな窓があり、桜を眺めるには問題ありませんが、写真撮影のためのフォトゾーン席は用意されていないので、桜と一緒に撮りたいなら窓際&屋外席が狙い目です。店内もスペースが広く、窓際の席も多いので、席を探す苦労をしなくても良いのもうれしいいポイントです。
🥐 全部食べたいベーカリー
旬のフルーツを使った季節限定メニューから、ベーシックな塩パン、ケーキまで。ベーカリーの種類も豊富なので、お好みに合わせて選び放題。ドリンクは、香ばしくて優しいお味の「オートラテ」がおすすめ。あっさりとしたハード系のパンとよく合います。小腹が空いた時にぴったりの軽食とサラダも販売中です。
  • Keepers Market メボン店
    Keepers Market メボン店
    飲食店 · ソウル(江南)
2024.03
本文の旅行関連情報は変更されることがあります。
全てのマガジンを見る