ソウルで押さえておきたい名物料理

保存 2
出典 shutterstock.com
出典 shutterstock.com
韓国旅行で欠かせないのがグルメ!韓国は日本と同じく米が主食。ごはんと汁物を基本とする食事文化が発達し、豚肉、鶏肉、牛肉もいろいろな調理方法で食べられています。数あるメニューの中からソウルの必食グルメTOP10をピックアップしました。
韓国料理の定番、焼肉といえば!
サムギョプサル
目の前で焼いた豚の三枚肉と調味味噌を包み菜にくるんで食べる、日本でもおなじみのメニュー。韓国人にとっても外食の定番。好みで焼いたニンニクやキムチ、ごはんも一緒にくるんで食べるのも、野菜がいっぱい取れるのでおすすめ。肉好きなら、ぜひ本場で味わってみて!
おすすめのお店をチェック
韓国のソウルフード
フライドチキン
韓国人が愛してやまないフライドチキン。お店で食べられるのはもちろん、デリバリーをすればどこにいても食べられます。フライドチキンのお供といえばビール!韓国ではフライドチキン(韓国語で「チキン」)とビール(韓国語で「メクチュ」)を略した「チメク」という造語もあるほど。味の種類が豊富なのも特徴で、日本ではなかなか見ない変わり種の味にチャレンジしてみるのも楽しそう!
おすすめのグルメ店
通称「ご飯泥棒」!?
カンジャンケジャン
醤油ベースのタレにワタリガニを漬け込んだ料理。醤油がよく染み込んだワタリガニの身は塩辛さがたまらなく、ごはんが留まらないため「ご飯泥棒」と呼ばれるほど!シーフード好きならぜひ挑戦してみて。いつ食べてもおいしいですが、産卵前の春(4~5月)の雌のワタリガニは卵がたっぷりでおすすめ。
おすすめのお店をチェック
韓国の食卓に欠かせない
キムチ
韓国固有の発酵食品で、シャキシャキとした食感が特徴!発酵が進むほどに乳酸菌が生成され、漬けてから時間が経ったキムチほど酸味が強くなります。韓国料理店に行くと必ずといっていいほど出てくる基本のおかず。白菜のキムチはもちろん、大根、ネギ、ニラ、きゅうりなど様々なキムチがあり、鍋やチヂミなどいろいろな調理法で食べられます。
おすすめのお店をチェック
色彩豊かで味もGOOD!
ビビンバ
ごはんに数種類のナムルをのせ、コチュジャンで混ぜ合わせて食べる、日本でもお馴染みの韓国料理。色とりどりのナムルが見た目にも美しく、ヘルシーなのが嬉しいポイント!辛い味が苦手な人は調味用のコチュジャンの量を調整してみて。生肉が好きならユッケビビンバもおすすめ。
おすすめのお店をチェック
お出かけ先で食べるとよりおいしい
キンパ
いろいろな具材を巻いた韓国の海苔巻き。手軽に食べられるので、韓国では子どもの遠足や登山、ピクニックなどお出かけの定番メニューとして親しまれています!キンパは、日本の太巻きと異なりゴマ油と塩で味付けしたごはんが特徴。具材によってチーズキンパ、ツナキンパ、牛肉キンパなど多種多様。インスタントラーメンやトッポギとも相性抜群です!
おすすめのグルメ店
韓国の夏のスタミナ料理
参鶏湯
鶏肉にさまざまな韓薬を入れて煮込んだスタミナ料理「参鶏湯(サムゲタン)」!熱をもって熱を制するという、韓国らしい考えが表れた「以熱治熱(イヨルチヨル)」という言葉にぴったりの食べ物で、アツアツの参鶏湯は暑い夏によく食べられます。参鶏湯の鶏肉は淡泊な味なので塩につけて食べてみて。あらかた鶏肉を食べたら、鶏粥のようにくずして食べるのがおすすめ。
おすすめのお店をチェック
甘い肉料理
プルコギ
タレに漬けた薄切りの牛肉を焼いて食べる料理。辛味はなく甘い味付けで食べやすく、韓国では来客のおもてなしメニューとして親しまれています。プルコギ炒めはごはんと混ぜて食べやすく、子どもも食べやすいメニューです。
おすすめのお店をチェック
夏に食べたくなる!
冷麺
ソウルの暑い夏にはひんやり冷麺がぴったり!冷麺といえば冷たい出汁入りの水冷麺と、辛いタレを混ぜて食べるビビン冷麺の2通り。焼肉と相性がよく、韓国の焼肉専門店の定番メニューでもあります。
おすすめのお店をチェック
代表的な韓国庶民の食べ物
ソルロンタン
時間をかけて牛を煮込んで作る韓国の郷土料理。淡白な味わいの白い牛骨スープです。大根のキムチ(カクテキ)の汁やタレで味を調えてごはんを浸して食べるのが一般的。やさしい味なので朝食にぴったりです。
おすすめのお店をチェック
レビュー
写真/動画
韓国人のレビュー
韓国人のレビューは自動翻訳で表示されます。