ソウルの地下鉄ガイド

保存 182
出典 zheng2088 / pixabay.com
出典 zheng2088 / pixabay.com
23もの路線を運行するソウルの地下鉄は、首都圏全体を結ぶ大規模な交通システムです。路線が多いのであちこち行きたい観光客にはとても便利。地下鉄内では日本語での案内もあるので、基本的な利用方法さえマスターすれば難しくありません!
地下鉄の路線
ソウルの地下鉄は全部で23路線が運行中。1~9号線と地域の名称を取った14の路線からなります。ソウル郊外の都市へも乗り入れているので、地下鉄に乗ってソウル近郊都市への旅行も楽しめます。
路線別の主な観光スポット
観光客が主に利用する路線は1~6号線と空港鉄道。
地下鉄の運行時間
運行時間は午前5時から午前0時までですが、平日と週末(土、日、祝日)で若干異なります。出退勤が重なるラッシュアワーは大変混雑するため参考に!
ラッシュアワー
・ 午前 07:30 - 09:00 ・ 午後 17:30 - 19:00
地下鉄の運賃&交通カード
ソウルの地下鉄は基本運賃を基準に、距離によって追加代金が加算される仕組みになっています。ソウル市内であればほとんどが2,000ウォン以下で移動でき、乗車には1回用交通カードまたは交通カード(T-moneyカード)を使います。ソウルではバスと地下鉄間の乗り換えも可能で、乗り換え割引が適用される交通カードの利用が便利!
基本運賃
・ 大人 1,400ウォン(T-money) / 1,500ウォン(一回乗車券) ・ 青少年(満13歳~満18歳)800ウォン ・ 子ども(満6歳~満12歳)500ウォン ※ 青少年と子ども料金はT-moneyカード利用時のみ。一回乗車券の場合は大人と同じ料金。
知っておくと便利!
3号線の景福宮(キョンボックン)駅から2号線の江南駅に移動する場合、地下鉄の料金は1,500ウォン(交通カード使用時)です。
T-moneyカード
・ コンビニや空港、駅構内などさまざまな場所で購入可能なチャージ式の交通カード(約4,000ウォン) ・ 下車後30分以内は乗り換えが無料
気候同行カード観光券
・ ソウルのバス、地下鉄が乗り放題の観光フリーパス ・ 観光情報センター、地下鉄駅構内、駅周辺のコンビニで購入可能 ・ カードを購入後、券売機でチャージして利用(1〜5日券)
1回用交通カードの発券と返却方法
地下鉄の利用方法
地下鉄駅に移動
各地下鉄の入口に案内表示があります。駅によってデザインは異なりますが、路線番号、駅名、出入口番号が書かれています。
乗車券の購入
1回用交通カードの購入or 交通カードのチャージ
プラットホームに移動
駅によっては、改札を通る前にプラットホームが分かれている場合と、改札を通ってから分かれている場合があります。路線番号と色を確認して乗車する路線の改札を通りましょう。電車の終点駅を確認し、進行方向も必ずチェック!
知っておくと便利!
改札口の前に路線案内図がある場合は、ここで終点駅をチェックして目的方面の改札を通ります。間違えて反対の改札を通ってしまった場合、障がい者用のゲートにある呼び出しボタンを押せばOK。ゲートが開き、反対側の改札口に移動できます。
乗車
ホームドアの上に表示された電車の進行方向を確認してから乗車
下車
車内アナウンスと車内モニターで下車駅を確認
乗り換え
同じ路線でも進む方向によって乗り場が異なるため、乗り換える路線番号と方向の両方をチェック。
知っておくと便利!
地下鉄路線図アプリを活用すれば、プラットホームのどの辺りで乗れば早く乗り換えられるかがわかります。
到着後
下車したら数字と矢印の案内を確認して出口を探します。間違えて出てしまわないよう、出口の番号表示をしっかり確認してから移動すること!
知っておくと便利!
Tripleでは目的地ごとの行き方を詳しく紹介しています。 出口がわからなくなったら、こちらをチェック!
地下鉄を乗りこなすためのコツ
駅構内
地下鉄車内
レビュー
写真/動画
韓国人のレビュー
韓国人のレビューは自動翻訳で表示されます。