出典 shutterstock.com
出典 shutterstock.com

地元の雰囲気を満喫!☝️ 韓国の在来市場総まとめ💯

ソウルには南大門(ナンデムン)市場や広蔵(クァンジャン)市場の他にも魅力的な市場があちこちにあります。市場グルメや見どころ満載のソウルにある3つの伝統市場と、ユニークなナイトマーケットが開かれる済州島(チェジュド)&釜山(プサン)の市場まで! 大型ショッピングモールでは味わえない庶民的な魅力を持つ韓国の在来市場について徹底リサーチしました。
今注目を集めるソウル伝統市場
1️⃣ ソウル「京東(キョンドン)市場」
ソウルで最も規模が大きい在来市場。大きいだけに取り扱う品目も幅広く、特に韓方薬の店舗が多く集まります。2階には紅参専門の商店街があり、価格も比較的リーズナブル。お土産にも人気の紅参を買いたい人にはイチオシの市場です。 テレビ番組やYouTubeで紹介された飲食店はもちろん、廃劇場をリノベーションしてつくったスターバックスも見逃せません!京東市場は「清涼里(チョンニャンニ)総合市場」と繋がっているので、併せて訪れるのがおすすめ。
  • 京東(キョンドン)市場
    京東(キョンドン)市場
    観光名所 · ソウル(東大門)
✅京東市場の注目ポイント💡
ソウルっ子も頻繁に訪れる💖
2️⃣ ソウル「望遠(マンウォン)市場」
簡単な軽食からスイーツや食事まで、幅広いグルメが楽しめる市場。人気の飲食店、おしゃれなカフェ、居酒屋が立ち並び、ソウルの若者にも大人気。「弘大(ホンデ)」や「延南(ヨンナム)」からも近いので、併せて立ち寄るのがおすすめ。 市場内には食べる場所が少ないので、レジャーシートを持参して近くの「望遠(マンウォン)漢江公園」で食べるのがおすすめ。美しい漢江ビューを眺めながら、おいしい市場グルメが堪能できます。
  • 望遠市場
    望遠市場
    観光名所 · ソウル(弘大)
✅京東市場の注目ポイント💡
一味違った体験ができる💕
3️⃣ ソウル「通仁(トンイン)市場」
景福宮(キョンボックン)や西村(ソチョン)からほど近く、観光のついでに立ち寄りやすい市場。規模はさほど大きくありませんが、名物のキルム(油)トッポギをはじめ、市場グルメが盛りだくさん。中でも人気は「葉銭(ヨプチョン)弁当」。 朝鮮時代の銅貨である葉銭型のコインで食べたいものを購入し、オリジナルのお弁当が作れます。 2階のお弁当カフェで葉銭型のコインを購入し、お弁当の容器を受け取ります。市場内にある葉銭弁当の加盟店でコインと引き換えにお惣菜を購入し、空の容器に詰めていくシステム。カフェの入口に日本語で詳しい説明が書いてあるので、要チェック!
💡 葉銭弁当を楽しむコツ
・葉銭1枚あたり500ウォン。1人前なら20枚もあれば十分な量。余った葉銭は返金も可能。 ・葉銭が使えるお店かどうかは、店頭に掛かった葉銭の絵を目印にすればOK!
  • 通仁市場
    通仁市場
    観光名所 · ソウル(光化門)
✅ 通仁市場の注目ポイント💡
ソウルの市場をもっとチェック 👇🏻
済州島の夜はここで決まり!🌃
4️⃣ 済州島「東門(トンムン)在来市場」
規模が大きく済州市内にあるので、旅行者にも人気の市場。市場グルメ、お酒、土産物など幅広い商品が揃います。土産物を買いたいなら昼間、ナイトマーケットの雰囲気を味わいたいなら夕方6~7時頃の訪問がおすすめ。 ソウルではなかなか体験できない韓国のナイトマーケットの雰囲気を味わえるのが最大の魅力。ただし、座って食べられるスペースが少ないので、軽く食べ歩きながら市場内を散策し、帰る前に食べたい物をテイクアウトして宿で食べるのがベスト。
  • 東門在来市場
    東門在来市場
    観光名所 · チェジュ(チェジュ市内)
✅ 東門在来市場の注目ポイント💡
済州島の市場をもっとチェック 👇🏻
韓国で初めて夜市を開いた
5️⃣ 釜山「富平(プピョン)カントン市場」
短い旅程で釜山の人気グルメを食べ尽くしたいなら、「富平カントン市場」がおすすめ。単一の市場としては全国で最も規模が大きく、市内中心地からも近くて便利。この市場の人気の秘密はなんといっても「夜市」! 夜市が開かれる夜の7時半頃になると、続々と屋台やお店がオープンします。 釜山のもう一つの伝統市場「国際市場」からは徒歩5分。昼は国際市場を散策し、夜は富平カントン市場でナイトマーケットを楽しめば、釜山の市場ツアーは完璧!
  • 富平カントン市場
    富平カントン市場
    観光名所 · 釜山(南浦洞)
✅富平カントン市場の注目ポイント💡
釜山の市場をもっとチェック 👇🏻
2024.05.02
全てのマガジンを見る